神津連合会長「苦渋の3期続投」の舞台裏

2019年8月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

10月に2期4年の任期を迎える連合の神津里季生会長の3期目続投が事実上決まった。主な産業別労働組合の幹部で構成する役員推薦委員会が7月3日、神津氏の続投案を発表。相原康伸事務局長、逢見直人・川本淳両会長代行の留任も固まった。参院選を前に異例の続投案を公表し、選挙結果の役員人事への影響を避けた形だが、水面下では2年後の「ポスト神津」を見据えた駆け引きが始まっていた。「良くも悪くも余人をもって代えがたいということ」――。今回の人事内定の経緯を知る労組幹部は、神津氏にとって決して朗報とは言えない3期続投について、複雑な表情で解説する。神津氏が古賀伸明氏の後任として連合の7代目会長に就任したのは15年10月。歴代の連合会長は2期4年が通例で、2期満了となる今秋の会長人事で「相原氏が引き継ぐのが既定路線」(複数の連合幹部)だった。ところがフタを開ければ、神津氏の3期 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。