孫正義「ARM再上場」の野望

米中対立とファーウェイ問題に加えARMの再上場。極めて複雑な多元連立方程式を、どう解いていくのか。

2019年8月号 BUSINESS [伸るか反るか]

  • はてなブックマークに追加

米アップルは2019年6月末、英ARMの主任設計者マイク・フィリッポ氏を引き抜いた。ARMはスマートフォン向けCPUコアの設計で世界シェア9割超を誇る知財(IP)ベンダーで、孫正義社長率いるソフトバンクグループ(SBG)が16年7月、約3兆3千億円で買収した。ARMの半導体設計技術をリードしてきたフィリッポ氏の引き抜きをめぐって、アップルがMacのCPUを米インテル社製からARMベースのオリジナルに移行するのではとの憶測がさらに強まる一方、孫社長のARM再上場戦略に影響を与えるのではないかと囁かれている。今年5月、米国商務省がファーウェイを米国製品の輸出を事実上禁ずるエンティティリスト(EL)に掲載すると、ARMは直ちにファーウェイとの取引を中断した。そのファーウェイについてトランプ大統領はG20大阪サミット後の記者会見で、米国企業との取引を容認したものの、ELから外すかどうかについて ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。