「オレは潮田、あきらめの悪い男…」

瀬戸の劇的な逆転勝利で潮田はLIXILグループを去った。本当に引退するのか。「第二幕がある」との見方は消えない。

2019年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「おうオレは三井、あきらめの悪い男…」高校のバスケットボール部を舞台にした人気漫画『スラムダンク』は名言が多い作品として知られる。4月4日、LIXILグループ取締役(現CEO=最高経営責任者)だった瀬戸欣哉は、同漫画の名場面といわれる1コマを社内SNSにアップした。その翌日、自身を含む8人を取締役候補とする株主提案を発表したが、投稿は従業員に向けた“予告”だった。これに複数の従業員が呼応。やはりスラムダンクの名シーンの一つで、「三井」の恩師が「あきらめたらそこで試合終了ですよ……」と語る1コマを社内SNSに投稿した。果たして瀬戸は6月25日に開かれた株主総会で取締役に再任され、CEO(最高経営責任者)に復帰した。

潮田は総会翌日も打ち合わせ

同日夕方から翌26日にかけて、潮田洋一郎は瀬戸の前のCEOで、欧州系ファンドCVC顧問の藤森義明らと相次ぎ面会した。 本誌は2019年5月号「LIXIL『日本脱出』の証拠 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。