iTunes「太り過ぎて」廃止

度重なる機能追加で複雑化。ダウンロード販売よりストリーミングが主流になり大ナタ。

2019年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

iTunesが終わる||。5月末、世界のIT関連メディアに衝撃が走った。噂は本当だった。アップルが6月3日に開催した世界開発者会議の場で、壇上に上がった上級副社長のクレイグ・フェデリギがiTunesの終焉を正式に宣言した。2001年1月にマック専用の音楽管理ソフトウェアとして登場して以来、18年の歴史に幕を閉じた瞬間だ。もっとも、iTunes抜きの最新マックOS(基本ソフト)のリリースは、今秋の予定なので、正式な終焉はそのリリース時となる。アップルが幕引きを決めた最大の理由は、機能の「肥大化」だ。当初は、マック上で音楽CDから楽曲を読み込みMP3化して再生するだけの単純なソフトだったが、01年10月に登場した携帯型音楽プレーヤー「iPod」の楽曲管理機能が追加されて以後、iTunes Storeでの、音楽、映画、ポッドキャストのダウンロード購入機能に加え、iPhone登場時には、SIMカードの有効化、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。