孫正義がポイ捨てする「ヤフー」

上場企業の社名からヤフーが消える。グループ総帥の孫正義が興味を失ったからだ。

2019年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「全てはヤフーの説明がヘタ過ぎることに問題があり、ソーシャル上で誤解を生じさせまくってて本当に申し訳ない」――。ヤフー社長の川辺健太郎がツイッターを通じて謝罪したのは6月19日のことだ。川辺が詫びたのは6月初めに発表した「Yahoo!スコア」なるサービスについて。ソーシャルメディアを通じて利用者の不満や不安が渦巻いていた。Yahoo!スコアは「信用スコア」と呼ぶサービスの一種で、ヤフーの様々なサービスの利用状況をもとに一人ひとりの信用度を点数化するものだ。点数が高いとローンの金利が有利になったり、自転車レンタルの料金が安くなったりする。ここ数年、中国で爆発的に普及したサービスを日本に持ち込んだ格好だが、スタートから躓いた。

「井上時代ならなかった」

ソーシャルメディアを通じて批判を受けたのは、ヤフーが利用者に無断で、第三者に信用スコアを提供することだった。これは後に間違いだと ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。