意外と真面目「FBリブラ」

運営を統治機構に委ねて透明性と信頼性を担保。「脱国家的通貨」に化ける可能性も。

2019年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

フェイスブック(FB)が「リブラ」という名の仮想通貨(暗号資産)構想を発表した。2020年前半の運用開始を目標に開発が進められている。FBがリブラに託したのは、法定通貨の流動性・安定性と暗号資産の利便性を兼ね備えたデジタル通貨の理想形だ。しかし、G20でも巨大デジタル企業の脅威が議論されたように、この構想は、各国政府や規制当局に波紋を広げている。米下院金融サービス委員会は、CEOのマーク・ザッカーバーグ宛に、リブラ開発の一時停止と公聴会招集を告げる書簡を送付し、警戒の色を顕わにした。月間アクティブユーザーが24億人に迫るFBだけに、デジタル企業に金融システムまで脅かされるのではという恐れからだ。同時に、過去の数々の不祥事に対する不信感やマネーロンダリングの温床になるとの懸念も渦を巻いている。だが、リブラを悪と決めつけるのは尚早だ。公表されたリブラの仕組み ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。