辺野古「底抜け地盤」に海砂利権

総工費1兆円でも後戻りせず。裏では採取業者「北栄」が、政治に食い込んで濡れ手に粟。

2019年7月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

米軍新基地建設予定地の「辺野古の海」は、マヨネーズ並みの柔らかさだという。土壌の強弱を確認するボーリング調査の結果は「N値ゼロ」。錘を置けば自重だけで沈み込む数値だ。当然、地盤改良が必要で費用は嵩み、工期は長くなる。14年に防衛省が明らかにした計画では辺野古移設の費用は約2400億円だった。だが、沖縄県は7本で約78億円の護岸工事の予定が、約920億円と12倍近くになったとして、地盤改良工事を含め総工費約2兆5500億円、工期13年と試算した。10倍超となるかどうかはわからないが、難工事もあって総工費が1兆円以上と予想する人は少なくない。それ以上に間違いないのは辺野古移設を止めないこと。米軍再編で約8千人の海兵隊がグアムに移転し、約2万6千人の沖縄駐留米軍は次第に戦略拠点としての役割を縮小する。その現実も、沖縄の民意が「辺野古移設反対」であることも考慮せず、「危険 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。