JPX「清田CEO」はデクノボウ

万死に値する不祥事の負い目から言うべきことが言えない御仁に「証券売買の元締め」は無理だ。

2019年7月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「資本市場の守護神」といえば、証券取引所である。だが、今、その威厳も品格も地に堕ちつつある。その元凶として名指しされるのは、東証、大証を傘下に置く、持ち株会社の日本取引所グループ(JPX)の総帥、清田瞭(あきら)氏にほかならない。清田氏が大和証券グループ本社の会長から東京証券取引所社長に転じたのは2013年のこと。2年後にJPXの最高経営責任者(CEO)に就任したが、この間、実績と呼べるものはゼロに近い。その御仁に、耳を疑う不祥事が発覚したのは、昨年の秋も深まった11月だった。証券売買の元締めの清田が、JPXの社内規則で禁じられている東証上場のインフラファンド2銘柄に約1億5千万円を投じ、2千万円の利益を上げていたのだ。「市場のプロとしてあり得ない」「第三者を入れて調査させるべき」と非難囂々だったが、JPXの監視委員会は「今回の内規違反は故意ではなく過失」と認定 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。