高速船「クジラ衝突」打つ手なし

開発者のボーイングが生産を中止し、新造による抜本策を取るのも難しく袋小路に。

2019年7月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

福岡市に住む日本人の男性は今年4~5月の連休中、家族と韓国・釜山に旅行した。往路には博多港と釜山港を結ぶJR九州運航の高速船ビートルを利用した。この高速船は「ジェットホイル」と呼ばれ、「海を駆け抜ける」と表現される特殊船だ。船体を浮揚させ、水の抵抗を減らすことで時速80 kmを出せる。時刻表を見ると、福岡~釜山をわずか3時間で結ぶ。「これなら同乗する祖母や子供が船酔いすることもないだろう」と考えたという。ところが航行中、「クジラの群れ」の目撃情報とともに「ただいまから20分間は速度を落として航行します」、「クジラを避けるため航路を迂回します」という船内放送がたびたび流れた。船も速くなったり、遅くなったりし、結局、4時間近くを要したという。男性は「クジラとの衝突を避ける有効な手立てはないのか。これなら高速船の意味がない」と率直に感じたという。高齢の母 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。