習近平「対米ちゃぶ台返し」の勝算

「不平等条約」を拒否して貿易協議をひっくり返したが、強気の裏にジレンマが透ける。

2019年7月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「世界経済の成長と国際貿易が幾分減速するなかで、今年の中国経済は順調なスタートを切った。主要経済指標は理に適う水準を維持している。(中略)我々は様々なリスクに対応できる完全なる条件、能力、自信を備えている」6月4日、中国の最高指導者の習近平(国家主席兼共産党総書記)は翌日からの訪露に先立ってロシアメディアのインタビューに応じ、中国経済の現状と先行きについて自信満々にそう述べた。この発言は、プロパガンダの要素を差し引いても、経済の現場の実感とまったくかけ離れている。と言うのもインタビューの4日前の5月31日、中国国家統計局が発表した同月の製造業PMI(購買担当者景気指数)が49.4と、好不況の判断の目安となる50を3カ月ぶりに下回ったからだ。

関税上乗せで景況感悪化

PMIは製造業3千社の購買担当者へのアンケート調査を基に算出され、日々変化する最前線の景況感を敏感に反映する。中国 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。