身柄「大陸移送」で香港百万人デモ

「引き渡し条例」改正の立法院審議に危機感切迫。日本人も捕まれば安全でないとアラーム。

2019年7月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

香港は1997年の返還以来、最も暑い夏を迎えている。6月4日夜、ヴィクトリア公園で天安門事件30周年の追悼式が例年通り行われ、18万人(主催者「香港市民愛国民主運動支援連合会」=支聯会発表)が参加。返還後22年で屈指の参加者数だった。18万人を駆り立てたのは、記憶が薄まっていく一方の天安門事件ではなく、立法院(議会に相当)で審議入りしている「逃犯引渡条例(逃亡犯罪者引き渡し条例)」の改定だった。「独裁の魔手は、間断なく香港へと伸びてきている。逃亡犯引き渡し条例の魔手は香港の法治の破壊を企み、香港人の生命の安全を脅かす。香港の未来のために徹底的に戦わなくてはならない!」主催者の支聯会主席、何俊仁(67)は開会の辞で逃亡犯引渡条例改定反対を明らかにした。

銅鑼湾書店事件で露頭

北京による香港支配は、香港人の想像を遥かに超えるスピードで進んでいる。その過酷な事実を香港人の眼前に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。