「ルノー・FCA破談」日産は蟻地獄

フランス政府は「日産統合」を決して諦めない。どうあがいても、いずれルノーに呑み込まれる運命。

2019年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

世界販売台数で自動車業界首位に躍り出る大型再編が頓挫した。イタリア・米国連合のフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が6月6日、フランス自動車大手ルノーに対する経営統合提案を撤回した。ルノーの筆頭株主であるフランス政府の過剰介入に我慢ができなくなり、提案からわずか10日余りでちゃぶ台をひっくり返した。統合を歓迎していたフランス政府の失態は明白だ。マクロン政権の今後の対応次第でFCAが交渉に復帰するシナリオもゼロではないが、ルノーは当面、躍進の足場を失う。日産自動車との統合を焦り圧力を強める可能性があり、日産の「蟻地獄」状態は続く。

ルノーが牙を剝くリスク

来日したルノーのジャンドミニク・スナール会長は5月29日、日産の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)、三菱自動車の益子修会長兼CEOとトップ会談した。議論の中心は直前の27日にFCAが発表したルノーへの統合申し入れ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。