「ファーウェイ反撃」鍵を握る英国人

ファーウェイ上席副社長のジョン・サフォークは、英国政府の最高情報責任者(CIO)、最高情報セキュリティー責任者(CISO)を歴任したプロ中のプロ。

2019年7月号 BUSINESS [日本へ熱いラブコール]

  • はてなブックマークに追加

2019年5月15日、米国商務省がファーウェイと関連会社を「エンティティ・リスト」に掲載したことで、米中知財戦争は新たな局面を迎えた。「エンティティ・リスト」への掲載は事実上の禁輸措置で、ファーウェイの取引企業は、あたかも波が引くように去ろうとしている。最初の衝撃はグーグルだ。ファーウェイのアンドロイド端末へのアプリとサービスの提供を停止するとロイター電が伝えた。グーグルは声明を発表し、「既存の顧客は引き続き利用できる」と火消しに躍起となったが、将来の利用については言及を避けた。決定打はARMだ。ARMはCPUの設計に不可欠の技術を握っており、ライセンスが打ち切られればCPUの製造は極めて困難となる。ファーウェイのCPUはARMの設計技術を使って子会社のHiSiliconが設計し、台湾のTSMCが製造しているからである。ARMは16年、ソフトバンクに3.3兆円で買収された。CPUとOS ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。