応援団の日経も腰を引く パネイルの台所事情

2019年7月号 BUSINESS [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日本発ユニコーンの有望株として期待を集め、日経新聞発表の「NEXTユニコーン2位」を獲得したパネイル(東京都千代田区)。同社の薄氷経営については先月号の本欄で業績の悪化や業界内での評判の悪さなどをいち早く報じたばかり。だがここにきて資金繰り状況がさらに悪化し、各取引金融機関に借入金の返済猶予(リスケジュール)を要請していたことが分かった。4月末には一般の取引先にも支払い延期を要請するなど、当初の想定以上に深刻な経営状態に追い込まれている。今回の事態を受けて、「株式上場に向けた主幹事を務める大和証券が関係先にお詫び行脚に回っている」(取引先関係者)。メインバンクの三井住友銀行を中心とする銀行団の継続支援を引き出すべく、バンクミーティングも開催。5月下旬には今後の再建計画を提示したようだ。メインの三井住友は支援スタンスを崩していないものの、「下位 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。