「鬼のライトハイザー」に茂木タジタジ

「それはあなたの経験が浅いからだ!」と協議は物別れ。茂木経済再生担当相は珍しく「疲れた……」と弱音を吐いた。

2019年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日米の貿易交渉がいよいよ本格化してきた。5月27日、来日したトランプ米大統領が安倍晋三首相と会談。トランプは冒頭「8月に両国にとって素晴らしいことが発表されると思う」と前のめりの発言をした。しかし、実際の交渉を担う日米閣僚級の協議の場では、両首脳の笑顔と裏腹に、想定以上に厳しい「ガチンコ」が繰り広げられていた。「通商交渉の鬼」と呼ばれる米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表の面目躍如。日本側の代表である茂木敏充経済再生相はタジタジだった。5月25日夕。貿易交渉の閣僚級協議が行われる永田町の合同庁舎8号館は、事務方の緊迫した雰囲気に包まれていた。「茂木大臣が間に合わない……」。この日、茂木は地方で自民党関連の会合に出席する用事があり、東京駅に着くのが遅い時間になる見通しだった。それでも駅からタクシーで庁舎に滑り込み、ライトハイザーを握手で出迎える ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。