開発優先「マツダ病」は重篤

「日本のBMW」を目指して進軍ラッパが鳴る。過大投資が原因の経営危機をお忘れか。

2019年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

マツダが2025年3月期まで6年間の中期経営方針を発表した。ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を取り入れた新型エンジン「スカイアクティブ-X」で、直列6気筒を新たに開発するほか、ディーゼルエンジンでも直列6気筒の新型を導入する。目玉は縦置きエンジンの採用。業界で噂されていた「後輪駆動車(FR)」の開発を公にした。「本当に懲りない会社だ」とマツダOBは嘆息する。マツダは20年3月期から「スカイアクティブ」と呼ぶ商品群を順次一新していくが、従来の「前輪駆動車(FF)」に加え、中・大型の上級モデルでFRを本格的に立ち上げる考え。しかし世界販売台数が160万台程度と規模が小さい同社が2種類のプラットホームを揃え、エンジンの種類を増やすのは「リスクがあまりに高すぎる」とこのOBは言う。

開発畑の巻き返しで逆回転

マツダは過去に2度、過大投資で経営が傾いた苦い歴史がある。1度目は1970年代。マツ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。