千代建「自己資本」1%の皮一枚

最終損失は仰天の2150億円。三菱グループの金融支援は最小限で、商事支配強まる。

2019年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

5月9日、千代田化工建設の2019年3月期決算と、同社に対する支援策が公表された。第1四半期時点では通期で65億円の黒字を見込んでいたのが、第2四半期に突如として1086億円の赤字を計上。第3四半期では損失の膨らみ具合が小幅にとどまったことで「損失計上も一巡したか」と思われたが、この日の発表では最終的な損失は2149億円に倍加し、株主を仰天させた。しかも591億円の債務超過転落というオマケ付き。1990年代末の経営危機以来、営々と積み上げてきた自己資本は吹っ飛んで、文字通り「失われた20年」となった。米国でシェールガスの開発が再開されたうえ、17年に襲来したハリケーンの復興事業が本格化して、米国のキャメロンLNGプロジェクトで建設コストが跳ね上がったことなどが、巨額損失の原因とされている。

債務超過ギリギリ解消

山東理二社長兼CEO(最高経営責任者)は業績見通しを下方修正した同7日、全社員に向 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。