辺野古利権にもソシャレが暗躍

公共工事支援のカネ集め詐欺で金融庁が処分。糸を手繰ると「増資マフィア」経由で沖縄浮上。

2019年6月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

ネットで投資家を勧誘、企業に融資、投資家には配当を約束するソーシャルレンディング(ソシャレ)が、運営会社の杜撰な運用が祟って壊滅状態である。業界最大手のmaneoマーケットを始めとして金融庁の行政処分が相次ぎ、信頼を完全に失って1500億円の市場規模のソシャレ業界全体が、解体的出直しを迫られている。なかでも3月8日、最も重い金融商品取引業の登録取消処分を受けたのが、東京都港区に本社を置くエーアイトラストである。「ファンドの取得勧誘に関し、虚偽の表示をする行為」という処分理由には、〈各JV(合弁企業)から元請負会社を経由して、本借入人Aが工事発注を受けた事実はない〉と驚愕の事実が明かされている。資金の流れは、投資家→エーアイトラスト→借入人Aとなっている。工事業者のAは、元請負会社Bから工事を受注。それはゼネコンJVが建設中の「新東名高速道路高取山トンネル西 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。