「消費増税延期」財界は反対だが「下駄の雪」

財界人はいざ安倍首相が延期に舵を切った場合、逆らえるのだろうか。

2019年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本商工会議所の三村明夫会頭(78)は、よほどはらわたが煮えくりかえったのだろう。「信じられない」「理解できない」という言葉を繰り返し、最後は「若干の景気変動で云々することは間違いだ。必ず上げるものだと思っている」といらだちを隠さずに言ってのけた。4月18日、自民党の萩生田光一幹事長代行は今年10月に予定されている消費税の増税について、6月の日銀短観の内容によっては延期となる見方を示した。そのニュースが流れるや、憤りを見せたのだ。その後、萩生田氏は「個人の考え」と弁明したが、三村氏以外の財界人も一斉に不快感を示した。関係者によると、4月19日夜、記者団に囲まれた経団連の中西宏明会長(73)は、萩生田発言について「決まっていること」とだけ話し、まともに相手にしなかったという。経済3団体はそろって消費税率の引き上げに熱心だ。もっとも強硬なのが、4月26日で ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。