三井不動産に「KYB」訴訟

ひた隠しだったが、六本木の最高級マンションで、こっそり全品交換しようとして、怖い小谷光浩氏を怒らせた。

2019年6月号 BUSINESS [免震ダンパー不正]

  • はてなブックマークに追加

昨年10月、油圧機器大手のKYBとその子会社が製造した建物の免震・制振オイルダンパーが大臣認定に不適合にもかかわらず、検査データを改竄して出荷されていたと、国土交通省が発表してからすでに7カ月。不適合品を設置した庁舎や病院など公共建築物の固有名は次々発表されているが、民間マンションについては風評被害による資産価格の値崩れを恐れ、国もKYBもゼネコンも不動産業界も非公開の「タブー」としてきた。最新データでは、KYBの不適合品(顧客基準外も含む)と不明品を出荷した建物の合計は免震997件(製品数9928本)、制振で322件(同1万8165本)となっている(3月15日現在)。国内シェア45%(2017年度売上高ベース)のトップメーカーが少なくとも15年間は不正を続けたとされるだけに、国交省は「不適合品を設置した建物でも震度6強から7程度の地震では倒壊する恐れはない」と火消しに躍起と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。