本命「りそな」に逃げられたスルガ銀行「引き当て地獄」

引当金を積むと自己資本比率が8%割れとなり、大規模な預金流出が勃発しかねない。土壇場でその場しのぎの「信用補完策」。

2019年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

シェアハウスや投資用ワンルーム向けのローンで不正融資を繰り返し行っていたスルガ銀行が、生き残りをかけたスポンサー探しに喘いでいる。日経新聞が4月9日付の紙面で、りそなホールディングス(HD)、SBIホールディングス(HD)、新生銀行と支援交渉を行っていると報じるや、りそなHDとSBIHDが、それを打ち消すコメントを相次いで発表した。とりわけ本命と目されたりそなHDは「本件につきましては何ら検討を行っておりません」と、けんもほろろに突き放した。

「引当不足」で漂流

スポンサー探しが難航しているのは「投資用不動産向けローンの引当金が不足しているから」(銀行担当アナリスト)だ。2018年末時点におけるスルガ銀行の投資用不動産向けローンの残高は1.8兆円にのぼり、貸出全体の6割強を占める。内訳は、シェアハウスローンが2020億円、アパートなどの一棟収益物件ローンが1兆2450億円、投資用ワンルーム ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。