LIXIL潮田が「腹話術」院政

上級幹部が「腰巾着COO」山梨のCEO就任に猛反発。潮田は国内営業しか知らぬ子飼いを登用、傀儡政権を狙う。

2019年6月号 BUSINESS [羊頭狗肉の人事刷新]

  • はてなブックマークに追加

5月13日にLIXILグループが開いた記者会見で、事前に出席すると言っていた会長兼CEO、潮田洋一郎の姿はなかった。COOの山梨広一は「今日は発表することが多かったため、潮田さんは控えてもらいました」と語ったが、不在だった理由はそればかりではない。

潮田さんは不規則発言をしかねない

4月18日、LIXILグループは2019年3月期に530億円の最終赤字に転落する見通しだと発表した。潮田が「宝物だ」と言い続けたイタリアの建材子会社ペルマスティリーザが545億円の損失を計上したことが主因。その日、緊急で開かれた記者会見に出席した潮田は、取締役を辞任するというサプライズ発言をした。普通ならすべての役職を辞める、そうでなくともまずは執行責任を取ってCEOを辞め、時期が来たら取締役からも退くものだろう。ところが潮田は、5月で取締役は辞めるが、CEOは株主総会まで続けると言った。「まず取締役から身を引く」とした理由は多 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。