共産が「劇薬」 枝野立憲支持率急落

野党第一党の独裁者に「生き血」を吸われたくない国民・自由・共産が、どんな「化学変化」をおこすか、見ものだ。

2019年5月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「無所属とすることで他の野党にも支援をいただき、野党共闘を成功させたい」。3月31日に大阪市内で記者会見に臨んだ共産党の志位和夫委員長は、久々に高揚していた。同席した宮本岳志衆院議員(比例近畿、59)を4月21日投開票の衆院大阪12区補欠選挙に無所属で擁立すると発表。党籍を持つ現職議員が無所属で出馬するのは結党以来初めてで、「異例も異例の対応」(共産幹部)だ。大阪12区補選には自民党と日本維新の会が新人を擁立し、無所属の樽床伸二元総務相も出馬。一方、立憲民主党と国民民主党は候補者擁立を見送ったため、志位氏は森友事件追及の先頭に立った宮本氏を無所属で擁立し、「野党共闘のモメンタムにする」と大勝負に出た。共産が主張する「本気の野党共闘」(「相互支援・相互推薦」)を主導する目論見は明らかだ。

玉木と志位が定期懇談?

そもそも共産は元国会議員秘書の大阪12区擁立を決めていた。告示 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。