国政に目が眩んだ「ユダ」 高橋はるみ前道知事の失態

2019年5月号 BUSINESS [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

因果応報。女性知事初の4期を勤め上げた前北海道知事高橋はるみ(65)のことである。念願叶って7月の参院選北海道選挙区に自民党から出馬する。広大な北海道で16年も顔を売ったのだから当選濃厚だ。通産官僚時代はパッとせず、最終肩書は「経済産業研修所長」なる閑職。国政など夢のまた夢で、知事としても全く実績がないのに、スンナリと、何とも厚遇な再就職にありつけることになった。ところが最近、官房長官の菅義偉や自民党幹事長の二階俊博の不興を買っている。後継知事選びで、しくじった。イケメンでならす前夕張市長の鈴木直道(38)に入れ上げ、自分から声をかけておきながら、国土交通省幹部を擁立する気運が高まると、いとも簡単に乗り換えた。1月、「道内の市町村長が全体として(国交省幹部に)期待し、道議の大半が推した。これは重い」と言明。水面下で経済人らに、反鈴木の声を上げる ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。