中西日立が「日立化成」を売る相手

「売却を急いでいない」と言うが、「営業利益率10%」達成に向け、早期売却に踏み切るだろう。

2019年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日立製作所が上場子会社(51%株式保有)の日立化成を売却する目論見だ。化成の側も、その日に備えて「独り立ちの準備」を始めており、後は経団連会長でもある「日立の総帥」中西宏明会長の決断待ちだ。昨年、前代未聞の不祥事を起こした化成だが、電子材料業界では世界の大手であり、売却金額さえ折り合えば引く手はあまただ。1月に英国での原子力発電所の新設事業の凍結を発表し、2019年3月期に約3千億円の損失を計上する日立にとって「不肖の息子」をほぼ同額で売り払い、穴を埋めるチャンスだ。化学業界のトップが集う年始の賀詞交歓会では、にこやかにグラスを傾けながら「日立が化成の全株を売りたがっている」「売却額は3千億円以上」などと、生臭い噂が飛び交っていた。これを産経新聞(3月9日付)が「日立製作所、日立化成の売却検討 3千億円超か」と大見出しで報じ「売却先を募る入札手続き ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。