DLEの粉飾見抜けぬ「あずさ」は失格

誰でもすぐわかる粉飾決算。これを見抜けないあずさ監査法人は失格だ。

2019年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2019年2月13日、証券取引等監視委員会は、アニメ「秘密結社鷹の爪」の制作会社として有名なディー・エル・イー(DLE)に対する1億3540万円の課徴金命令を勧告した。有価証券報告書の最初のページには提出会社の主要な経営指標が開示されている。DLEの粉飾訂正前16年3月期までの過去5事業年度における当期純利益と営業キャッシュフローの推移を対比して示すと表1の通りとなる。DLEは、12年6月期が92百万円の当期純損失、13年6月期が66百万円の当期純利益、14年6月期が308百万円の当期純利益と見事な増収増益を演出し、14年3月、東証マザーズ市場に新規上場となった。

利益に現金の「裏付け」なし

その後、DLEは、15年6月期に220百万円の当期純利益を計上し、その決算直前の16年4月に東証1部市場指定替えを達成した。東証1部指定替え直後の16年6月期の当期純利益は143百万円である。16年6月期まで5事業年度の当期純利益合計は645百 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。