井上ダイキンの「動脈硬化」

四半世紀も君臨する「終身天皇」の弊害が顕著に。「皇太子」も出世、増えるアンタッチャブル。

2019年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ダイキン工業の勢いが止まらない。中国経済の減速で日本の製造業に暗雲が漂う中、2019年3月期の連結業績も主力の空調部門が堅調なうえ、自動車・半導体業界向けのフッ素樹脂やゴムの需要が増加し、営業利益は6期連続で最高益を更新。とはいえ、1994年の社長就任以来四半世紀もトップに君臨する「終身天皇」、井上礼之(84)のワンマン経営への懸念は募るばかり。看板商品のエアコンを巡る“リコール(回収・無償修理)隠し”の内部告発も出るなど、社内の風通しの悪さが深刻化している気配だ。

やり過ぎの「おもてなし」

3月5日夜、那覇市内のホテルで開かれた女子プロゴルフ「ダイキンオーキッド」前夜祭。主催者を代表し挨拶に立った井上は「今年の成績はオリンピック選手を選ぶデータになる。プロの皆さん、頑張ってください」と激励。県知事の玉城デニー(59)も駆けつけ、「ゴルフファンに感動を与える戦いを繰り広げて欲し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。