ラポール破産の裏であの黒木正博が暗躍

2019年4月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

フラワーアレンジメントなどのインテリア商品を輸入販売していた「ラポール」(東京・港区)の東京地裁での破産手続きが注目を集めている。当初はよくある粉飾決算事件のひとつと思われていたが、破産管財人の調査により、背後で糸を引いていたのが有名金融ブローカーの黒木正博であることが判明、決算操作により調達した銀行融資の大部分にあたる13億円ものカネが周辺に流れたと指摘されているためだ。黒木といえば東証マザーズ上場第1号「リキッドオーディオ・ジャパン」の実質経営者で、1999年の株式公開時には天才起業家ともてはやされたが、弟分の大神田正文社長が同僚の拉致監禁容疑で逮捕され、市場調達資金の大半が闇に消えたという「マザーズ黒歴史」(兜町関係者)の主人公。大神田は東大工学部出身だったが反社系企業に在籍歴があり、その社長から借金を踏み倒していたことが後に発覚する。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。