今や「自転車操業」千代田化工の傷口に塩

2019年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

千代田化工建設が第3四半期決算を発表した翌日の2月14日午後3時、本社11階のレクチャーホールに社員を集めて全社連絡会が開かれた。大勢の社員を前に神妙な面持ちの山東理二(まさじ)社長ら経営陣が姿を現し、会社の現状を説明した。こうしたミーティングを開かなければならないほど社員が動揺しているのは、米国で受注したキャメロンLNGプロジェクトで急激に採算が悪化、巨額の損失を計上したことで、会社の屋台骨が揺らいでいるためだ。山東社長が「キャメロンなどで追加コストが発生しており、赤字が止まらない」と話す姿を見て、社員はその当事者能力を疑っている。山東社長を中心としたキャメロン対策タスクチームを立ち上げたが、期間損益の悪化に歯止めがかからないのだ。第2四半期には962億円だった営業赤字は第3四半期に1077億円に拡大、連結純損失は同期195億円拡大し、1281億円の赤字にまで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。