渋谷再開発「大外し」の東急迷走

渋谷再開発は酷評の嵐。鉄道分社で「大東急」構想浮上もブランド復活は夢のまた夢

2019年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

東京急行電鉄の経営が迷走している。バブル期の放漫経営に起因する東急グループの危機が表面化して四半世紀以上。歴代トップは延々と「構造改革」を唱えてきたが、財務は改善しても新たな針路が見えない。祖業の鉄道事業はトラブル続きで今秋分社化され、電鉄本体に残る不動産事業は系列の東急不動産ホールディングス(HD)との統合構想が浮上しているが、収益地盤の渋谷は大規模再開発が裏目に出て人気が低迷。先行きに暗雲が漂っている。「エネルギッシュで次々にいろんなことをした。その姿勢を次の代へ引き継いでいきたい」2月9日に長野県青木村で開かれた五島慶太(1882~1959年)の顕彰看板の完成式典。出席した東急電鉄社長、高橋和夫(62)はグループ創業者の功績をこう語った。

「内務官僚」3代続きのツケ

鉄道院の官僚だった五島が役人生活に見切りをつけ、武蔵野電気鉄道(東急電鉄の前身、東横線の旧事業母体)常務 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。