みずほ系リース会社で興銀系と富士系に溝

2019年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

みずほフィナンシャルグループ(FG)と丸紅が2月26日にリース事業で提携すると発表した。みずほFGが系列の興銀リースに200億円あまりを追加出資して、持分法適用会社にする。同時に丸紅が興銀リースの発行済み株式の5%を取得する。一方、興銀リースは丸紅子会社のエムジーリースの発行済み株式の50%を取得。エムジーリースは興銀リースと丸紅それぞれの持分法適用会社になるという複雑な内容だ。芙蓉グループの旧富士銀行が一角を占めるみずほFGと、同じく芙蓉グループの丸紅がリース事業で共同戦線を張るという話は一見、自然の成り行きのように見える。しかし一皮めくると、みずほFG内の内紛がなお続いていることが窺える。現在、丸紅の子会社となっているエムジーリースの親会社は、昨年末まで三井住友ファイナンス&リース(SMFL)。丸紅の出資比率は45%にとどまっていた。銀行系列の異なるSM ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。