ニコンが光学・精密加工技術を「外販」の屈辱

2019年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ニコンがもがいている。国内で1千人以上の人員削減を行い、赤字垂れ流しだった半導体露光機事業を黒字化したものの、その先の「稼ぎ口」が見えない。露光機の黒字化の真相は、技術の源泉となる先端分野への開発投資を止め、ライバルに白旗を揚げたに等しい。4月に新社長に就く馬立稔和氏は、100年続く名門企業のプライドをかなぐり捨て、新たな収益源を創出しなければならない。ニコンといえばカメラのイメージが強いが、実は光学・精密加工のコア技術は、半導体露光機が担っている。半導体は微細な電気回路の塊だが、その回路形成に使うのが露光機である。特殊なレンズを通したレーザー光を原盤(フォトマスク)に照射し、シリコンウエハーに配線パターンを転写する機能を持ち、基本的メカニズムはカメラそっくりだ。違いは、半導体露光機のサイズは2tトラックほどもあり、先端製品は1台50億円以上する ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。