街金筋に東レの印鑑証明 日覺社長が頭を抱える醜聞

2019年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

東レの日覺昭廣社長を困らせる不祥事が勃発した。2月12日、東レは「当社に無断で買戻義務や連帯保証義務を定めた書類を作成・交付した元従業員を懲戒解雇した」と発表した。さらに「懲戒解雇後も従業員であるかのようにふるまい、不正行為を継続した」ため、刑事告訴(有印私文書偽造・同行使罪等)したことも明らかにした。この人物は同社の水処理事業部の営業部長F。実は、昨年春以降、東レが連帯保証した、数億円単位の「金銭消費貸借契約書」が、金融筋に出回り物議を醸していた。事の発端は17年7月、東レ水処理事業部が、得体の知れない都内のコンサルティング会社Oと「業務協力協定書」を結び、小型水処理装置などの在庫を約4億円で買い取らせたことに始まる。しかも、同協定書には、O社が製品購入資金を借り入れる場合は東レが連帯保証し、販売できなかった製品を1年後に買い戻すとあり、東レの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。