楽天携帯「逆転シナリオ」

世界で初めて通信網を「完全仮想化」! 3~4兆円かかるネットワーク構築費を5分の1以下にする「アポロ計画」。

2019年4月号 BUSINESS [3メガとサバイバル競争]

  • はてなブックマークに追加

10月に通信キャリアに参入する楽天の「逆転のシナリオ」が明らかになってきた。世界で初めて通信網の「完全仮想化」に踏み切り、3~4兆円だったネットワークの構築コストを5分の1以下にする。圧倒的に「軽いインフラ」を武器に、「レガシー」と呼ばれる重いインフラを抱えるNTTドコモなど3メガキャリアから顧客を奪取する戦略だ。2月27日、スペイン・バルセロナで開催されたモバイル通信見本市「MWC Barcelona 2019」の基調講演で、楽天会長兼社長の三木谷浩史は、通信機器世界最大手、米シスコシステムズCEOのチャック・ロビンスと登壇し、楽天が構築する仮想化技術を採用したモバイルネットワークインフラを発表した。三木谷が新しいネットワークを「携帯電話業界における『アポロ計画』とも言える」と表現すると、同ネットワークの構築で楽天のパートナーになったシスコのロビンスは「楽天は完全に仮 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。