LIXIL2人の「女帝」跋扈

CEOに復帰した潮田洋一郎の私物化が止まらない。ワケあり女性幹部を重用、幹部の相次ぐ退職は、嫌気が差したからか。

2019年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

1月21日に日経ビジネス電子版が『スクープLIXILがMBO検討、日本脱出も』という記事を配信した。LIXILグループの最高経営責任者(CEO)に復帰した潮田洋一郎が、MBOで同社の東京証券取引所での上場を廃止、シンガポール証券取引所(SGX)で再上場を検討中という中身だ。本誌は2018年12月号『LIXIL潮田の逆噴射』でこのMBO計画を報じている。後追い記事を「スクープ」としたことはご愛敬として、これに東証が反応。同日の取引開始から約1時間、LIXILグループ株は売買停止になった。「一連の計画を検討すると取締役会で決議した」と書いたからだ。決議をしているのなら適時開示義務が発生するが、LIXILグループはそれをしていなかった。

海外出張は山梨の決裁事項

会社側が「取締役会での検討や決議の事実はない」というコメントを発表したため売買停止は解除されたが、勇み足をきっかけに同社と日経ビジネスの対立が激しくなって ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。