「一般医薬品連合会」分裂騒動につける薬なし

2019年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

南北朝の騒乱は一体いつまで続くのか──。もちろん歴史の話ではない。大衆薬の業界団体「日本一般用医薬品連合会」の内紛劇だ。昨春の人事抗争で組織が真っ二つに分裂し、名称もロゴも全く同じ2つの団体が出現、両者が正統性を主張する泥仕合を演じている。同名の両陣営を区別するため関係者は皮肉を込めて北朝、南朝と呼ぶ。「北朝」は、柴田仁会長(大幸薬品会長)を頂点に大衆薬や配置薬など5団体・200社超が集う。一方、「南朝」は三輪芳弘会長(興和社長)の下にドラッグストアチェーンなどが集結する。引き金は、次期会長人事だった。連合会は2011年の発足以来、傘下5団体の推薦により会長を選出してきた。ところが、16年5月に就任した三輪会長の任期満了(2年)を間近に控えた昨年3月、連合会理事長の黒川達夫氏(元厚労省審議官)が次期会長人事に介入。不信を募らせた三輪会長は5月に黒川理事長 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。