「ワクチンなし」アフリカ豚コレラが日本上陸

2019年3月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

2月6日、家畜伝染病「豚コレラ」の感染が5府県に急拡大し、愛知、岐阜など殺処分頭数が多い自治体は、自衛隊に災害派遣を求めた。豚コレラは豚とイノシシがかかる伝染病。世界各地で発生しており、強い感染力と高い致死率が特徴だ。人間にはうつらず、汚染された豚肉を食べても人間は発症しない。日本では昨年9月に岐阜県で26年ぶりに発生が確認された。感染ルートは、訪日観光客などが持ち込んだ餃子やソーセージの残滓を食べた野生イノシシが最初に感染し、広がったようだ。養豚農家から、かつての蔓延を抑え込んだワクチン接種を望む声が出ているが、吉川貴盛農水相は「最後の手段」と慎重だ。日本は06年からワクチン接種を止めており、いったん接種をすると、国際ルールで「清浄国」から外され、輸出困難となる。とはいえ、ほかに打つ手がない。実は今、農水省が危機感を募らせているのは、豚コレラ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。