メッキが剥げた安倍の「お友達」根本厚労相

2019年3月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

露呈したのはかつての「政策新人類」の限界か。それとも軽量級政治家の悲哀か――。「政治家は政策で勝負」をモットーに掲げる厚生労働相・根本匠が通常国会で集中砲火を浴びている。統計不正問題をめぐり、省の機能不全ぶりや自身の判断ミスが相次いだためだ。東大経卒の旧建設官僚。衆院福島2区選出で、当選回数は8回を数える。閣僚経験は復興担当相に次いで2度目、満を持して常設官庁の所管大臣となり、政治家として今が脂ののった時期だろう。にもかかわらず、よほどの政治通でもなければ名前も顔も思い出せないのは、政局の節目での立ち回りより、政策作りに重きを置く当人の志向によるところが大きい。「政策新人類と呼ばれ」「議員立法の根本匠」「政策請負人」……。立案に関わった法制度を細かに並べつつ、自身をこう称したHPプロフィールからは、凡百の政治家とは違うと言いたげな強い自負心が伝 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。