英EU離脱「国境問題」解決せず

ベルファスト合意から20年経った今頃、英国は北アイルランド問題で苦境に立っている。

2019年3月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

2年に渡る懸命な交渉と英国議会やEU(欧州連合)本部内で際限なく衝突が繰り返された後、ブレグジット(英国のEU離脱)の真の障害は、英国の北アイルランドとアイルランド共和国の間の国境問題だということが明らかになった。北アイルランドは英国の一部であり、アイルランドはEU加盟国である。厳密にいうと、この境界線が英国とEUが接する唯一の陸続きの国境ということになる。テリーザ・メイ英首相が昨年11月にEUと合意した暫定的離脱案には、英国とEUの関係が将来どうなろうと、北アイルランドとアイルランドの間に物理的な国境を復活させないという一文が盛り込まれた。これがよく言われる北アイルランド問題の“最後の安全策”(バックストップ)だ。だが、この政治的保険を機能させるには英国議会はメイ首相が合意した離脱案全体、つまり国境問題を解決する具体策が見つかるまで英全土をEUの関税同 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。