頑固枝野「師匠」は米サンダース

「草の根の声に寄り添い、それと結びついた政治的主張を掲げよ」との助言に大ハッスル。

2019年3月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

立憲民主党代表の枝野幸男は福耳である。その彼が「聞く耳を持たない」と四方八方を苛立たせている。野党合流の話にまったく耳を貸さないのだ。「枝野は今や野党独裁者。民進党解体、立憲民主党躍進で野田佳彦、岡田克也、前原誠司、細野豪志ら民主党政権の有力者はことごとく表舞台から消え、枝野にモノ申す人は誰もいなくなった」と元民主党幹部は嘆く。とりわけ苛立ちを募らせているのは、自由党代表の小沢一郎だ。はや76歳。今夏の参院選は最後の闘いとなろう。「枝野さんを立てながらやるべきだ」と辛抱強く秋波を送ってきた小沢だが、ついにしびれを切らし国民民主党と自由党との「先行合流」に踏み出した。昨秋には元大阪市長の橋下徹と前原の仲介で会談。1月31日には橋下が進行役を務めるインターネット番組に国民民主党代表の玉木雄一郎と出演し、橋下に「政界復帰」を呼びかけた。「枝野がダ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。