崖っぷち三菱重の「宮永院政」

経営課題は山積みも、「ぬるま湯出身」新社長は期待薄。「剛腕」の宮永は、いかんせん勘が悪い。

2019年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

三菱重工業は4月1日付で社長の宮永俊一(70)が会長となり、取締役常務執行役員の泉澤清次(61)が社長に昇格する。国産ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の開発遅延や造船事業の巨額損失、原子力発電所プロジェクトの行き詰まりなど、宮永時代の6年間は次々と難題に見舞われた。MRJや原発を巡る懸案は4月からの新体制に引き継がれるが、問題はそれだけではない。世界で広がる火力発電からのダイベストメント(投資の引き揚げ)が同社を直撃。新社長はいきなり崖っ縁に追い詰められる。

「相川以来の院政が始まる」

「新機軸を打ち出した割には展望が開けていない。無能ではなかったが、勘の悪い経営者だった」。2013年4月から社長として同社を率いた宮永について、ベテランの証券アナリストはこんな辛口の評価を下す。就任時から退任まで宮永には「異例」の形容詞がつきまとった。就任時には「(三菱重工では) ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。