ヤキが回った元楽天「國重惇史」

「100億円を3000人で山分け」。久しぶりの表舞台は怪しい広告。金に困っての所業。

2019年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「あの人はいったいどこまで落ちていくのだろうか」インターネット業界と金融業界の双方を騒然とさせている人物がいる。住友銀行(現三井住友銀行)の元取締役で、楽天副会長として一時は「三木谷浩史会長兼社長の右腕」ともいわれた國重惇史氏だ。

「日本経済に一石を投じる」

國重氏といえば、2014年、週刊新潮に不倫を暴かれたことがきっかけで、楽天を追われたことが記憶に新しい。しかし15年6月、東証マザーズに上場し、仮想通貨交換会社を子会社に持つリミックスポイントの会長(後に社長)に就き、「やはりタダでは転ばない」(金融関係者)と言わしめた。その傍らで、イトマン事件の内幕を暴いた書籍『住友銀行秘史』を執筆。事件が表面化するきっかけとなった内部告発文を書いたのは自分であることなどを明かした同書は13万部を超えるベストセラーとなった。16年12月、リミックスポイントは業績を大幅に下方修正。売上高 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。