FACTA銘柄 Sin-Bin Box 日本農薬 (東証1部)

TOB法制の「抜け穴悪用」スキーム

2019年3月号 BUSINESS [FACTA銘柄 Sin-Bin Box]

  • はてなブックマークに追加

1月29日、都内某所で内外の機関投資家が膝を突き合わせていた。座の中心は、アジア企業統治協会(ACGA)のジェイミー・アレン事務総長。ACGAは香港が拠点の投資家団体で、コーポレートガバナンス(企業統治)に関する調査の権威だ。ACGAが昨年末に公表した2018年企業統治ランキングでは、日本の順位が前回のアジア4位から7位に下がった。会場では、森金融庁時代に導入されたコーポレートガバナンス・コードやスチュワードシップ・コードなど日本流ガバナンスの実効性が、「格下げ」原因になったことが議論されていた。「株主を守る法的枠組みが弱い」「持ち合い慣行が依然として跋扈している」……。参加者は丁々発止とやりあっていたが、ある個別案件が俎上に載ると、誰もの顔に不快の色が広がった。古河グループの中堅化学品メーカー、ADEKA(東証1部)が殺虫剤の日本農薬を買収した「スキーム」である ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。