「鶏卵キング」飛田新地の勇み足

元気な89歳イセ食品会長が暴走。西成の格安スーパーを買ったら「売春料亭」の持ち主とは。

2019年2月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「見ていったって。寄ったって。 今、座ったとこやで!」客引きの年配の婦人が、行き交う男たちに次々に声をかけ、その横には、色気たっぷりの女性が座る大阪・飛田新地――。よく言えば「昭和ロマン」の色街だが、「自由恋愛」という装いの管理売春には違いなく、摘発が絶えない。シャッターを下ろした「銀河」もそんな料亭のひとつ。昨年5月、山口組系極心連合会幹部らが売春防止法違反で逮捕された。さらなる話題は、その半年後の12月3日、格安スーパーとして知られる「スーパー玉出」の創業者が、実は「銀河」の持ち主で、売春と知りながら店を貸し、暴力団幹部から賃料を受け取っていた組織犯罪処罰法違反で逮捕されたことだった。

日本有数の美術品収集家

創業者の前田託次氏は、「スーパー玉出」を1978年に創業、「1円セール」や「24時間営業」を売り物に、スーパー45店舗を展開、自身がCMに登場するなど立志伝中の人物 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。