売るに売れぬ「タツミプラン」RIZAP再建に暗雲

2019年2月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

RIZAPグループの再建に、早くも暗雲が立ち込めている。瀬戸健社長は「87の子会社を売却や合併を通じて3~4割に減らす。1年もかけず実行する」と宣言したが、道のりは険しい。同社は昨年11月の第2四半期決算で「経営再建が遅れている企業・事業」として、ワンダーコーポレーション、ジャパンゲートウェイ、サンケイリビング新聞社、ぱどの4社と、タツミプランニングのメガソーラー事業を列挙した。中でも16年2月に25億円を投じて傘下に入れたタツミはハウスメーカーの有望株(「負ののれん」目当てで「爆買い」した子会社群とは異なる)。91年に横浜で創業されたタツミは木造建築・リフォーム工事を軸に業容を拡大させ、近年は太陽光発電事業にも進出。高気密・高断熱住宅「魔法びんハウス」と銘打ち、年間500棟の注文住宅を手がけてきた。買収直後の16年5月期決算では売上高100億円の大台を突破。17年2 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。