ソシャレ最大手maneoの最終章

「ファミリー」向けファンドが次々延滞やデフォルト。問題物件ばかりで悪あがきも限界。

2019年2月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

インターネットを介して個人投資家を中心に小口資金を募り、不動産開発などに投融資するソーシャルレンディング(ソシャレ)。フィンテックの期待の星だったが、この1年で様変わりし、最大手のmaneo(社長・瀧本憲治)で親密先が行き詰まる末期症状が現れた。maneoは自社グループ向けのほかに「maneoファミリー」と通称される親密な不動産会社など10社向けのローンファンドを募集している。投資家はmaneoのウェブサイトを通じて投資し、まとまった資金をmaneoマーケットが不動産会社に貸す仕組みで、08年の創業以来、1500億円超のローンファンドを組成してきた。しかし「細野裏金」5千万円の原資となった資金調達に関わった。証券取引等監視委員会は昨年7月、maneoファミリーの一角で、約200億円を集めていた再生可能エネルギー事業のグリーンインフラレンディング(社長・中久保正己)の杜撰な運用を指 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。