「暗愚の火遊び」上場書店が徳俵

創業家出身者のままごと遊びで文教堂GHDが上場廃止の危機。トップ交代にはかない望み。

2019年2月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

アマゾンとスマートフォンに押され、書店が次々と街から姿を消している。文教堂グループホールディングス(GHD)も、その波に抗えない。文教堂GHDは1949年に川崎市で「島崎文教堂」として誕生し、主に首都圏で店舗を増やした。ピーク時には全国に200を超える店舗を構え、売上高は500億円を突破。93年、文教堂に社名を変更し、94年にジャスダックへ上場している。持ち株会社制に移行したのは2008年だ。しかし足元の業績は振るわず、営業キャッシュフローは赤字続き。直近決算の18年8月期の連結売上高は273億円とピークのほぼ半分、前の期と比べても8.5%の減収となった。前期は20店の不採算店舗閉鎖と13店舗のリニューアルといった構造改革費用を計上した結果、純損益が5億9100万円の赤字となり、2億3300円の債務超過に陥った。

いろはの「い」ができない

書店チェーンで株式を上場するのは事実上、文教堂GHDだけ。「丸善ジュン ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。