美の来歴⑨ 三島由紀夫が愛した絵

ヴァトー「雅宴図」に重ねた〈戦後〉という迷宮

2019年2月号 LIFE [美の来歴]

  • はてなブックマークに追加

J・A・ヴァトーの『シテール島への船出』は18世紀フランスのロココ時代に描かれた「雅宴図」の代表作である。遠くない未来に血生臭い「革命」という大瓦解が待ち受けているのに、そんな気配を微塵も感じさせない貴族たちの「雅な宴」は、気高さのなかに憂いと倦怠を漂わせて、この時代の「気分」を秘めやかに伝えている。フランドル出身の画家ヴァトーが優美で詩的な暗喩に富んだイメージの翼を広げるこの作品の舞台、シテール島はギリシャのエーゲ海の入り口に位置する島で、古代に「愛の女神」のアフロディーテが生まれた伝説のある聖地として知られる。半裸のヴィーナスのもとで美しく装った8組の男女が思い思いの姿勢で囁きを交わしながら、水辺の船へ向かってそぞろ歩んでいる。小高い丘から船着き場への眺めには、うっすらと春霞のような大気が揺蕩(たゆた)う。あちこちに子犬や羽根を持つ天使 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。