日本企業に黒船「ジェンダー投資」

G20共同声明に「ジェンダー主流化戦略」が登場。欧米では関連ファンドが急増。

2019年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

昨年11月末、アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれたG20サミット。加盟国・地域が合意した共同声明の冒頭近くに、聞き慣れない言葉が登場した。「ジェンダー主流化戦略」――G20の議題となる経済・社会政策のすべてを女性視点で見直す提案だった。背景には、「持続的な経済成長には意思決定層の多様化をはかることが必要」という、グローバル企業に共通する認識がある。多様性は企業のガバナンス向上や競争力強化に寄与し、経済的にメリットがあるという見方が浸透してきているのだ。国連が打ち出した「持続可能な開発目標」(SDGs)が、17項目のひとつにジェンダー平等を掲げていることも大きい。欧米の企業社会は既に動き始めている。象徴的なのは役員層への女性の登用。2010年に英国で「30%クラブ」というキャンペーンが始まった。ロンドン証券取引所の上位100銘柄の株価指数、FTSE100を構成する企 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。