マネロンの巣「ドイツ銀行」の命脈

トランプ一族に貸し込み、ロシアにも繋がる「政商」バンクに中国工商銀行などが接近。ビッグニュースが飛び出しそう。

2019年2月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

1990年代の前半、ドナルド・トランプは破産寸前だった。所有するカジノやホテルが次々と倒産し、ウォール街から「ドナルド・リスク」と、避けられるようになった。そこに救いの手を差し伸べたのがドイツ銀行だった。ドナルド・リスクを承知の上で、担当窓口を商業不動産融資部門から、富裕層担当で審査基準も比較的緩いプライベート・バンク(PB)部門に変える、といった裏技も使い、20年間にわたりトランプに貸し続けてきた。大統領就任当時、トランプは同行から3億6400万ドル借りていた。トランプの女婿クシュナーも大統領選前に同行から2億8500万ドル借りた。現在、2016年米大統領選をめぐるロシアとトランプ陣営の癒着を追う「ロシアゲート」の捜査が進行している。ドイツ銀行は、トランプへの資金提供者であると同時に、ロシアとの取引から多大な利益を得てきたことは後述する。民主党が過半を占め ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。